バロン男爵の日常

ビーグル犬バロンと人間ハルののんびり田舎暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

希望を持つことの大切さ  


9/26に血管肉腫で他界したバロンの思い出を綴っています。



あまりにも早い膀胱への転移で絶望のどん底にいた私が
前を向くきっかけになったことを。

膀胱の腫瘍の手術はとにかく早く行おうということになり、
翌日に手術の予約を入れました。
ところが、先生の都合で翌週に延びてしまいました。

その週の土曜日に、愛知県にある漢方の病院に行くことになっていました。
遠いし暑いからバロンの体力の衰えを心配してたところに手術となり
キャンセルしようと思っていた矢先に変更になり、逆に行く運命なんじゃないかと
思ってしまった私は(←運命には身を任せるタイプ)、
張り切って愛知まで行ってきました。

その病院が私の気持ちを上向きにしてくれました

バロン、血管肉腫です。
癌の中でも進行が早くて絶望的なタイプの癌。
治らないことは私でもわかります。

けど、飼い主ってバカですよね、治ってほしいって、言えないけど、実は思ってます。
けど、治ることを望むよりも、心の準備をしないといけないって思うから
自分で自分の希望を否定してしまいます。
未来には絶望しか見えない。
というか、絶望しか見ちゃいけないと思ってしまう。
だから苦しい、前を向けない、どうしたらいいかわからない。

そんな気持ちが、ふっとびました。
先生、一生懸命親身になって考えてくれました。
道を示してくれました。
治ったらホームページに写真載せさせてね、って、バロンの写真を撮ってくれました。
治ってほしいって言ってもいいんだって思いました。

バロンは生きてるし、闘ってる。
なのに、なんで死んだときの心の準備をしてるんだろう、私。
自分のことしか考えてない、なんてバカ飼い主だったんだろう。

もちろん過度な期待はしませんし、ほんのわずかな可能性だって
わかってるけど、そこに向かってもいいんだって思いました。
それが希望だと思いました。
希望をもってバロンと接していこうと思いました。
ぱぁーっと気持ちが明るくなったんです

信頼できる先生に出会うというのはこういうことかもしれません。
治療だけじゃなくて、精神的に信頼できる先生。
信頼できる先生に出会える人は幸せですね。

この病院を紹介してくださったのは、以前ブログでキリ番を取って
お知り合いになった、はくもくれんさんです。
バロンのアジリティにも応援に来てくれて、お守りも送ってくれました。
お守りは、今でも天国でバロンを守ってくれています。
バロンのブログで知り合った方が、バロンを助けてくださる。
バロン、すごいね、素敵なご縁だね

私、今回のことでたくさんの人に助けてもらいました。
情報をくださった方も、励ましてくださった方も、本当に多くの方が助けてくれました。
悲しい涙よりも感動の涙の方が多かった気がします。
全部バロンが繋いでくれた方ばかりです。
人の力を借りること、人の優しさ、ありがたさ、バロンが教えてくれました。

たぶん、ブログをしてなかったら、一人だったら、私はただ黙って
バロンが死んでいくのを指を咥えて見てるしかなかったかも。

めいっぱい悪あがきできて幸せでした。

改めて、みなさん、ありがとうございました!!


20170124
闘病中もずっとこんな笑顔で


ぽちりんこありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



スポンサーサイト

category: 男爵の生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://barondansyaku.blog17.fc2.com/tb.php/756-046f5cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。