バロン男爵の日常

ビーグル犬バロンと人間ハルののんびり田舎暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

血管肉腫の診断  


9/26に血管肉腫で他界したバロンの思い出を綴っています。


手術から10日後、抜糸のため病院へ。
腫瘍の病理検査の結果も教えてもらえる日です。

「脾臓の腫瘍の破裂」というキーワードから、「血管肉腫」という
病気の可能性はわかっていました。
けれども、バロンは超元気だから良性に違いない、
まだ11歳になったばっかりのバロンが癌になんてなるわけがない、
と、現実から目をそらしてきました。

抜糸が済み、病理検査の結果の紙が机の上に置かれた瞬間に
目に飛び込んできた単語。

血管肉腫

思わず目を伏せて下を向くと、そこには笑顔のバロンが。
涙がこぼれました。

この子が癌?
信じられない、誤診じゃないか、こんなに元気なのに。
もう先生の言葉が耳に入ってきません。

病院からいただいた書類には、
「平均余命は無治療で3ヵ月。化学療法(抗癌剤)で6ヵ月。
1年生存率は10%未満」
と書かれていました。

バロンはまだ11歳になったばかりなのに。
いままで病気一つしなくて、丈夫で、18歳まで生きるって思ってたのに。
3ヵ月なんてあっという間に来てしまう。
いったい私はどうしたらいいの。
バロンに何をしてあげられるの。

とにかく情報がほしい。
希望がほしい。
それで、ブログでお願いしました。

みなさんからたくさんの情報をいただき、もちろん自分でも調べ
毎日クルクルクルクル頭がずーっと回っている状態でした。

すぐに始めたのは食事療法です。
完全手作り食に変更し、糖質を制限、免疫力を強化する食材を
増やしました。
バロンは手作り食がとってもうれしそうで、バックバック食べてくれました^^

次にサプリメント。
候補はいくつかありましたが、βグルカン系と冬虫夏草系、
カワラタケとDHA・EPAを毎日与えました。
これもごはんに入れてしまえば何もわからないので、
普通に与えることができました。

そして、考えなければいけない、抗癌剤。
3ヵ月の余命を6ヵ月にしてくれる可能性がある抗癌剤。
(完治の可能性はないので、延命のみです)
合わないと副作用で免疫力と体力を落とすことになってしまう。
それが怖い。

私は、自分自身が、寝たきりで命を延ばすなら死にたいと思う人間です。
バロンについても、同様に考えています。
辛い状態を長く続けてほしくない。
がんばっても余命が数か月ならなおさら、その間は少しでも元気な状態でいてほしい。

バロンにとっては、6ヵ月後に死のうが明日死のうが、同じなんだろうと思います。
人間のように思い残すことがあるわけでもなく、終活をするわけでもない。
3ヵ月が6ヵ月になることと引き換えに、毎日具合が悪くなるのだとしたら、
私は延命は望みません。
3ヵ月という期間を受け入れられなくて辛いのは私だけ。
私が頑張れるところは私が頑張ればいい。

けど・・・
脾臓が破裂したとき、バロンは懸命に生きようとしてくれた。
抗癌剤を与えないということは、バロンの生きようとする気持ちに応えないということに
なるんじゃないか・・・

もう、グルグルグルグル・・・
命がかかってますからね。
バロンの一生の最後の時間、後悔するような終わり方をしたくないですから。

考えに考えた末、抗癌剤は投与しないことに決めました。

そして、抜糸から3日後、抗癌剤を投与しない、QOL(Quality of Life)を重視して
いきたいという方針を伝えに病院に行き、ついでにエコー検査をしてもらったところ
なんと、膀胱に腫瘍が見つかってしまうのです。
5cmもある大きな腫瘍でした。



20170115
雪が降るとテンションがあがるぅ~ のです


ぽちりんこありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ


スポンサーサイト

category: 男爵の生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://barondansyaku.blog17.fc2.com/tb.php/754-ebe37ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。