バロン男爵の日常

ビーグル犬バロンと人間ハルののんびり田舎暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

奇跡  

9/26に血管肉腫で他界したバロンの思い出を綴っています。

先日、バロンの四十九日を終えました。
まだ四十九日、もう四十九日。

今日、久々にバロンの散歩道を歩きました。
亡くなった当初は、毎日何していいかわからず、
一人で泣きながら散歩してました。
けど、今日は泣きませんでした。
少しづつ時は流れていますね。


さて、脾臓の腫瘍が破裂したバロン。
一晩持つか持たないかの状態で、家に連れて帰った続きです。


翌朝病院に連れて行って点滴をするまで10時間耐えなくてはいけません。
持ってくれ、持ってくれ。
ずっと祈っていました。

バロンは、ヨチヨチ歩いてはちっこを2,3滴して、うずくまる。
それを数分おきに繰り返してます。
当然トイレには間に合わないので、部屋中トイレシートを敷き詰めました。
腹水は体に吸収されて少しづつ減っているようで
呼吸困難は解消されていました。

安静にしてほしいけど、バロンはじっとしていられない様子なので
好きなところに行かせました。
トイレに向かう時もあれば、ベッドに向かう時もあります。
けど、辿り着けずにペタンとなってしまいます。

見守って、よろめくときに支える。
いつでもお水が飲めるようにそばに移動させる。
私にはそれしかできません。
バロン、がんばれ!!
長い長い夜です。

少しづつ少しづつ歩数が増え、ちっこも増えてきました。
歩く頻度も減って、楽になってきてるようです。
良くなってる!!
安心してちょっと気を抜いた私は少しだけ寝てしまいました。

起きたらバロンが座っていました。
いつも座って庭を眺めている、お気に入りの場所で。
ごめん、バロン、一人でがんばらせてしまった、ごめん!!
じっとこっちを見た目は、ずっと力強くなっていました。
乗り越えられる!と思いました。

7時半頃母が会いに来た時には、吠えてお出迎え。
車に乗ってからはぐんぐん良くなり、病院の前でもたくさんちっこし、
元気に歩いて入って行き、先生をびっくりさせていました。

そして午後から手術、脾臓を全摘しました。


201611201
病院に向かった時はまだちょっとぐったり

201611202
降りたら超元気!!
ちっこたっぷりしてます!!


血管肉腫による脾臓の破裂で命を落とす子も多いと聞きます。
私にはそんな知識が全然ありませんでした。

家に連れて帰るというのは無謀なことだったかもしれませんし、
家に連れて帰ったからこそバロンは回復したのかもしれません。

とにかく、バロンは自力で回復しました。
これはバロンの生きる力の強さが起こした奇跡だと思います。

そして、息を引き取るまでの2ヶ月間、「バロンのためだけに生きる」
という時間を私にプレゼントしてくれました。
この時間がなかったら、私は後悔だらけだったと思います。
この2ヶ月で私たちはより仲良くなり、ちょっと照れくさいんですが、
魂で通じてるんじゃないかと思えるくらいになりました。

バロン、あのときに逝かないでくれてありがとう。
がんばってくれてありがとう。
かけがえのない時間をプレゼントしてくれて、本当にありがとう。


201611203
ガムは持って食べる派です(^∇^)ノ


ぽちりんこありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

スポンサーサイト

category: 男爵の生活

tb: 0   cm: 2

コメント

バロン!
俺のハルにたくさんありがとう!って、
言ってもらえてよかったね!

アイリーママ #- | URL
2016/11/21 00:43 | edit

アイリーママさんへ

俺のハルはもう、バロンの存在自体に感謝してるから。
バロンがいなかったら、今の私は無かったしね!
どれだけありがとうって言っても足りないよ~。

ハル #- | URL
2016/12/25 22:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://barondansyaku.blog17.fc2.com/tb.php/752-2138b1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。