バロン男爵の日常

ビーグル犬バロンと人間ハルののんびり田舎暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まだまだ実感ありませんが  

バロンが亡くなって10日経ちました。
長い長い10日間でした。
まだまだいろんな感情が波のように襲ってきます。

バロンがいなくなっただけで、何もすることがなくなりました。
朝一番から何をしていいかわかりません。
そんな生活にも戸惑っています。

ずっとバロンの気配がなかったのですが、日曜日の夜、
立て掛けていたバロンのベッドがパタンと倒れて、バロンが帰ってきました。
その夜はずっと気配がしていましたが、今はまたいなくなりました。
また帰ってきてくれないかなぁ。


弱虫ハルをずっとそばで支えてきたバロン。
バロンがいたから、一人で暮らしてても寂しくなかったです。
遠いところに一人で旅をしても心細くなかったです。
落ち込んでも、笑顔になれました。

そんな世話の焼ける私にバロンが起こしてくれた奇跡があります。
本当に本当に私のことを想ってくれたバロンの、かっこいいお話です。


20161005


その前に病気の経緯をお話ししなければと思います。

バロンの命を奪ったのは、血管肉腫という血管の癌です。
恐ろしく進行が速く、治らない、厄介な癌です。

血管肉腫と診断されたとき、ネットでいろいろ調べました。
けれども、闘病記を読むことはできませんでした。
最期はどうなってしまうのか、怖くて怖くて。

もし、血管肉腫というキーワードでこちらに辿り着く方がいらっしゃったら
・・・深い絶望の中にいらっしゃると思います。
不安でたまらないと思います。
私もそうでした。
けど、バロンの場合、最期は悪くはなかったです。

突然の別れになったので、私の気持ちの整理が大変ですが
バロンが苦しむよりずっといいです。
必死に癌と闘ってきたバロンに何もしてあげられなかったんだから、
最期の苦しみは私が引き受ける。
それができて良かったと思っています。

バロンの思い出を記録するとともに、このことが誰かの不安を
少しでも軽くすることができればと思います。

血管肉腫はスピード勝負!
またすぐに書きますね!


バロンのためにお悔みのお花をたくさんいただきありがとうございました。
出棺前にいただいたお花はすべて祭壇に飾って、数本づつ棺に
入れさせていただきました。
いまでもバロンはお花に包まれています。
みなさんにかわいがっていただいて幸せな子です。

201610052





ぽちりんこありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

スポンサーサイト

category: 男爵の生活

tb: 0   cm: 6

コメント

やだわ、ハルちゃん
泣いちゃうじゃないの。
ヒマでしょ?
遊びにおいでよ
バロンも空を飛べるから
今ならきっと一緒に来られるよ。

マックスのねーちゃん #- | URL
2016/10/05 23:36 | edit

バロンはハルさんがいてくれるだけで幸せだったと思います。
私が会った時もハルさんLOVEが伝わったもの。
パートナーとして過ごした11年は充実してたでしょ。
私も自分の事になると全く自信がなくなるんだけどね(汗
バロン、また時々帰ってきてあげてね。

ねえちゃ #- | URL
2016/10/06 15:28 | edit

そうだったね^^
ハルさん、いつも「バロンがいるから大丈夫だよ!」って言ってた。
頼もしいパートナーだったね。

ハルさん、まだうまく言葉に出来ないんだけど…
でも、これだけは。
癌と闘ってたのはバロンくんだけじゃなかったよね。ハルさん達も一緒にバロンくんのために頑張ってたじゃない!
ハルさんが何もしてあげれなかったなんて思ってたら、バロンくんは悲しむんじゃないかな?

バロンくん、今はいろんな所に挨拶に行ってるんじゃない?
また帰ってくるよ。

ひろ #- | URL
2016/10/06 20:04 | edit

マックスのねーちゃんへ

うん、ヒマ~。
バロンがいないだけで、なんでこんなに暇なんだろう。
退屈しない奴だったからなあ、バロンって。
遊びに行きたいけど、もう少し待ってね。
ありがとう^^

ハル #- | URL
2016/10/10 20:40 | edit

ねえちゃさんへ

うん、そうだね、充実してた。
素晴らしい11年だったと思う。
最後は、何を言いたいのか何をしたいのか全部わかるようになってたし、以心伝心ってこういうことかって思った。
だからこそ、そんな存在がいなくなったことが寂しい~。
ねえちゃんさんもベルちゃんと充実した素晴らしい毎日を!!ね!!

ハル #- | URL
2016/10/10 20:44 | edit

ひろちゃんへ

うん、バロンがいればどこでも平気だった。
守ってくれてたんだね。

癌がわかってから、何かしてないと不安でいろいろしてたけど、結果的に自己満足だったのかもしれない。
けど、そうだね、それがなかったら後悔してたし、それをする時間を与えてくれたバロンに感謝しないとね。
ありがとね。
今どこにいるのかな、四十九日までに一回くらいは帰ってきてほしいなあ。

ハル #- | URL
2016/10/10 20:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://barondansyaku.blog17.fc2.com/tb.php/749-952457a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。